GERBE & ESPRIT

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
寒河江での披露宴が開催されました。
平成22年1月9日吉日

ジェルブプロデュースの結婚ご報告の祝宴が開催されました。

何度となくウエディングに関わらせていただいてきましたが、
今回はふかくこころに残るケースでしたのでご紹介させて下さい。

ご依頼をくださった新婦の和美さんは輝く瞳を持つ美しい女性でした。

しかし、初めての打ち合わせは平成21年6月、お互い顔も知らずメールで取ったコミュニケーションでした。

その後何度かメールと電話での打ち合わせをしつつ、お会いしたのは9月の連休、会場となる寒河江市の夢厨房東門です。

新郎新婦は東京住まい、新婦の実家は山形の寒河江市、祝宴会場は寒河江、そしてジェルブは宮城の仙台、と離ればなれのなかでの段取りでしたが、新婦のご協力もあり(わざわざ仙台へお越しいただいたことも!)スムーズに進みました。

祝宴当日は、MC、音響、会場デコレーションなどスタッフ5名が山形市と仙台から入り、さっそく準備に取りかかり、スタートダッシュ!

予定通り始まった祝宴は、和やかな雰囲気が満ちていて、花嫁花婿の笑顔が溢れ、控えている私もこころからの笑顔で見守ることが出来ました。

ホッとひと安心。

立派な祝宴になりご両親も安堵されたことと思います。

孝彰さん和美さんおめでとうございました。

◆東門入口

東門の門は東に向いています!今日も親方のお客様を迎えるお気持ちが感じられる清廉な入口と敷石通路です。

◆長野小濱準備

準備は着々と進みます。イレギュラーな事態が起きてもなんのその。
百戦錬磨(笑)の二人でこなします。


◆波動スピーカーとデジコンキューブの岩瀬社長

音響は花嫁がイベント時に気に入てくださった波動スピーカーです。
目に見えない癒やし効果で会場を包み込みました。


◆会場全体

お膳のセッティング終了。
窓の外は雪景色、室内はポカポカで寿ぎのムードになってきました。


◆メインフラワーアレンジ

雛壇お席には大皿に花とキャンドルをアレンジしました。
両手で持つほど大きなバラの創作蝋燭とフレッシュフラワー、大皿の組み合わせは花嫁が希望された和モダンをイメージしました。


◆東門玄関

準備が整い、招待客をお迎えするばかりになった玄関です。

◆さあリハーサル!

初々しいお二人の晴れ舞台はもうすぐ開演です。

◆ケーキカット

新婦のお姉様達が妹のために手作りしたウエディングケーキに入刀です。
祝宴の中でお一人お一人にサービスして食べていただきました。
あま〜い愛のお裾分けですね!


◆お庭ライトアップ

祝宴がお開きになりほろ酔い気分でお帰りになる招待客を名残のキャンドルでお見送りしました。
雪灯籠のように美しく、歓喜の声が上がっていました。


◆キャンドルアップ

玄関に飾られた紅白のおめでたい蝋燭は祝宴のあいだ灯り続けました。
お二人の愛の光が永遠に灯されますように!

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.