GERBE & ESPRIT

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
養蜂家の驚くべき化粧品
裏磐梯の養蜂家ハニー松本

昨年の初夏に出逢った養蜂家の奥様、松本さん。
蜂蜜のお話しを伺ったときには、その熱さに面食らってしまいました。
そしてわたしの頭の中の蜂蜜」は過去のものとなり、
松本さんの語る言葉がすーっと入ってきたのでした。


その時期、松本さんは蜂蜜化粧品を開発していて、
出来上がったらモニターさせてもらう約束をしました。


昨年11月約束通り商品は送られてきて、
使用したところその使い心地の良さは、
「化粧品」ではなく、別な何かのよう、
何と言おうか、それは地中から湧き出たミネラルで出来たクレイ(泥)
のような、そしてそれはスーッと肌に浸透し皮膚の細胞の喜ぶ声が聞こえてきたような・・そんな使い心地。
兎に角、なんだろうこれは?の世界でした。


二ヶ月近く使用してみて、いままで使っていたどのそれとは違う、
不思議なこれをぜったい仕入れようと思ったものでした。

先日、仕入れのために会津を訪れ、
松本さんに再会。
彼女の相変わらずの思いの熱さに圧倒されながらも
いろいろ取材をして、またしても驚きの事実を知ったのでした。


「ハネムーン物語り」と題してお話ししましょう。
昔、ヨーロッパでは結婚が決まったら、
花嫁は新郎のために蜂蜜を酵母で発酵させた「ミード」という
蜂蜜酒を造りました。
これは二人の間に産まれてくる赤ちゃんのためです。
滋養をつけ「元気な赤ちゃんのもと」を造るに役に立つのでしょうね。
これが「ハニームーン」→「ハネムーン」の言葉の語源だそうです。


そして話しはこれからです。
この蜂蜜酒「ミード」を松本さんは酒蔵に依頼し造ってもらっていますが、
発酵が済み搾ったさい残るいわゆる「酒粕」、
これがあの化粧品の「クリーム」そのものでした。


他に添加してあるのは、保存料が入っていないので、白金の粒子を入れていたり、肌の保護と再生に効果のあるプロポリスを入れていること(高級な健康食品です、しかも松本さんのは熟成して吸収しやすくしている!)くらいで、粕そのものです。

これは余計なことをしていない自然の恵み、「宝物」のような商品ですね。


セレクトショップ&スペース ジェルブ定禅寺にもうじき入荷です。

私が六感で選んだ品々の物語りを今後もお楽しみに!


古代から中世のヨーロッパにおいて、新婚直後の新婦は住居から外出せずに1ヶ月間、蜂蜜酒を作り、新郎に飲ませて子作りに励んだ。これは蜂蜜に強壮作用があるとされたことと、ハチの多産にあやかるためではないかとされる。またお祝いの宴会も一ヶ月間行われたとも云われている。ここから「蜂蜜の一ヶ月」=「蜜月」(ハニームーン)という言葉が生まれた。また「第一子の誕生は男の子」という祈りも込められており、かなりの確率で生まれると信じられている面もある。


雄勝石作家・齋藤玄昌實氏ギャラリーにお邪魔しました


漆黒と色彩の世界にうっとりしてきました。

齋藤先生は電気の下で作業をされないそうです。
自然光でしか絵をお描きにならないのです。
それでこの色彩が生まれるのだ!と思い知りました。
お話しを伺うと、絵を通し貢献されていること、
善いことを回す原理原則のお考え、
素晴らしい理念の方。
またひとり、このような人に出会えたこと神に感謝です。


今年のジェルブ企画「夏恒例魚釣り」は雄勝!に決めてきました。
宮城にはこんな素晴らしい自然世界が有るのです、嬉しくなりました。

そして、ショップジェルブ定禅寺に齋藤先生の石絵を入れて頂くこと、
お願いしてきました。
仙台の街の中でもこの高い気を感じてもらいたい。
オープンしましたらぜひいらしてください。


- | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
雄勝石作家・齋藤玄昌實氏「漆黒と色彩の幻想展」
今週行われるのイベントの紹介です。

住友不動産プレゼンツ・プレミアム展覧会
〜ふつかだけの展覧会VOL.11〜

雄勝石作家・齋藤玄昌實氏
「漆黒と色彩の幻想展」

石巻市雄勝町といえば雄勝硯で有名な玄昌石(雄勝石)。

その石版に色彩を施した齋藤玄昌實氏の石絵は
全国のデパートでも人気を博しています。

幻想的な作品世界をご堪能ください。

当日は齋藤玄昌實氏ご本人も来場いたします。

平成22年2月20日(土)〜21日(日) 10時〜17時

◆開催場所
シティータワー仙台五橋 モデルルーム2505号
観覧料無料


ダウンロードPDF(1182KB)

寒河江での披露宴が開催されました。
平成22年1月9日吉日

ジェルブプロデュースの結婚ご報告の祝宴が開催されました。

何度となくウエディングに関わらせていただいてきましたが、
今回はふかくこころに残るケースでしたのでご紹介させて下さい。

ご依頼をくださった新婦の和美さんは輝く瞳を持つ美しい女性でした。

しかし、初めての打ち合わせは平成21年6月、お互い顔も知らずメールで取ったコミュニケーションでした。

その後何度かメールと電話での打ち合わせをしつつ、お会いしたのは9月の連休、会場となる寒河江市の夢厨房東門です。

新郎新婦は東京住まい、新婦の実家は山形の寒河江市、祝宴会場は寒河江、そしてジェルブは宮城の仙台、と離ればなれのなかでの段取りでしたが、新婦のご協力もあり(わざわざ仙台へお越しいただいたことも!)スムーズに進みました。

祝宴当日は、MC、音響、会場デコレーションなどスタッフ5名が山形市と仙台から入り、さっそく準備に取りかかり、スタートダッシュ!

予定通り始まった祝宴は、和やかな雰囲気が満ちていて、花嫁花婿の笑顔が溢れ、控えている私もこころからの笑顔で見守ることが出来ました。

ホッとひと安心。

立派な祝宴になりご両親も安堵されたことと思います。

孝彰さん和美さんおめでとうございました。

◆東門入口

東門の門は東に向いています!今日も親方のお客様を迎えるお気持ちが感じられる清廉な入口と敷石通路です。

◆長野小濱準備

準備は着々と進みます。イレギュラーな事態が起きてもなんのその。
百戦錬磨(笑)の二人でこなします。


◆波動スピーカーとデジコンキューブの岩瀬社長

音響は花嫁がイベント時に気に入てくださった波動スピーカーです。
目に見えない癒やし効果で会場を包み込みました。


◆会場全体

お膳のセッティング終了。
窓の外は雪景色、室内はポカポカで寿ぎのムードになってきました。


◆メインフラワーアレンジ

雛壇お席には大皿に花とキャンドルをアレンジしました。
両手で持つほど大きなバラの創作蝋燭とフレッシュフラワー、大皿の組み合わせは花嫁が希望された和モダンをイメージしました。


◆東門玄関

準備が整い、招待客をお迎えするばかりになった玄関です。

◆さあリハーサル!

初々しいお二人の晴れ舞台はもうすぐ開演です。

◆ケーキカット

新婦のお姉様達が妹のために手作りしたウエディングケーキに入刀です。
祝宴の中でお一人お一人にサービスして食べていただきました。
あま〜い愛のお裾分けですね!


◆お庭ライトアップ

祝宴がお開きになりほろ酔い気分でお帰りになる招待客を名残のキャンドルでお見送りしました。
雪灯籠のように美しく、歓喜の声が上がっていました。


◆キャンドルアップ

玄関に飾られた紅白のおめでたい蝋燭は祝宴のあいだ灯り続けました。
お二人の愛の光が永遠に灯されますように!

明けましておめでとうございます
2010年寅年、皆さまにはどのようなお正月をお過ごしになられましたでしょうか。


ジェルブ定禅寺(宮城県民会隣リスズビル8階)は今日が仕事始めです。
アトリエ彩かさねの中澤女史も出社早々にオーダー作品に取りかかっています。
ジェルブ定禅寺ショップは2月グランドオープンに向け、看板デザインやらセキュリティーやら、スタッフがこなす課題山のごとし。


そのなか、私は担当している企画である、
9日山形県寒河江市にある夢厨房東門でおこなう
ウェディングパーティのコーディネートのため
昨日から出社、完全に仕事モードで張り切っています。


新郎新婦は東京在住、今回は新婦の故郷で行われるお披露目会です。
MCはステージ・アップの長野淳子嬢、音響は山形のデジコンキューブ
装飾花はジェルブ、キャンドルアレンジはCandleRの鈴木りえ嬢が担当する。
結婚式はハワイの教会(キャルバリー)で11月に挙げていらした。
より良い演出のため、進行を替えたり、花嫁からご両親へのお手紙をチェックしたり、会場の詳細を確認したり、最後まで細やかな配慮で記念のハレの日を盛り上げたいと考えている。



ウエディングプランニングはほかに、
山形県中山町の「柏倉九左エ門家」で執り行う
「柏倉家挙式」を企画しています。
3年暖めた大切な企画です。
この度実現することになりました。
平成22年2月21日第一回目の挙式が予定されています。
いろいろなことの扉を開く、歴史に残る素晴らしい挙式になることでしょう。
随時ご報告しますのでお楽しみに。
近くこの企画はリリースしますが、
すでにお問い合わせもいただいています。
日本の伝統的な結婚式のスタイルにご興味をお持ちの方は
多いことでしょう。

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.